アスプローバ超入門 (6) 【微笑みの国タイ デザインラボ社】

アジサイBLOG

皆様こんにちは。デザインラボの藤原です。

アスプローバには下記からダウンロードできる無料体験版がありますので、ご自宅でも気軽にお試しいただけます。

前回はアスプローバのデータをエクスポートしてみました。エクスポートした目的は、データを追加してインポートするためです。

エクスポートしたファイルを数えてみると下記の通り9個のファイルあります。当初入力したデータは、品目テーブル、製造BOMテーブル、オーダテーブルの3つだけです。9ファイルの中でどれが該当するのか、そもそもエクスポートされた9ファイルは、どこで決められているのかを知りたいところです。

ありました。「ファイル」→「データ入出力設定」を開くと下記の画面になります。全部で49項目(コード)あり、それぞれに *.tblというファイル名がついています。先にエクスポートされた9個のファイルと比べてみると赤枠の「エクスポートする」列の「はい(すべて)」になっている8個のファイルと製造BOM master.tbl がエクスポートされていたようです。

今回インポートするために欲しいファイルは、品目、製造BOM、オーダの3つですが、製造BOMはmaster.tblのように思われますので、品目とオーダを探すと、品目 item.tbl、オーダ order.tbl のように思われますので、「エクスポートする」列の「はい(差分)」を「はい(すべて)」に変更します。

再度エクスポートしてみます。やはりitem.tblとorder.tblが出てきました。これをExcelで開いてみると下記のようになります。

出てきたデータからすると、品目テーブルとオーダテーブルで間違いなさそうです。

それでは受注データを増やしてみます。

おそらく1行目は受注オーダ番号、2行目のSがSalesの受注オーダ、MがManufacturingの製造オーダと推測し、3行目は受注品目(製品)、1つ飛ばしてE列が納期、F列が受注数とします。追加したオーダは下記です。

オーダコード「OE-2」、オーダ種別 「受注オーダ」、納期「2021/5/3」、オーダ数量「240」
オーダコード「OE-3」、オーダ種別 「受注オーダ」、納期「2021/5/6」、オーダ数量「360」

このままExcelを保存します。

次に「ファイル」→「データ入出力設定」の一行目、オーダの「インポートする」列をみると、「はい(差分)」になっています。この他に「いいえ」と「はい(洗い替え)」が選択できます。「いいえ」を選ぶとさすがにインポートしないように思われますので、「はい(差分)」か「はい(洗い替え)」を選べばよいと思われますが、既存の受注データを残して新規受注データを追加したので(差分)がよさそうです。

念のためインポート前のオーダテーブルを開くと下記の通りです。

「ファイル」→「インポート」してみました。オーダテーブルは下記の通りです。

思った通り受注データが2件増えました。画面下欄のメッセージ欄にも黄色丸の警告が出ていませんので問題なさそうです。

さあリスケジュールボタンを押したいところです。押す前の資源ガントチャートは下記の通りです。

リスケジュールボタンを押しました。

やりました!(やったのはアスプローバですが)

受注2件増えました。インポート成功したようです。しかし生産計画の工程ごとに1件ずつのままです。ただしリスケジュール前と比べて何やらバーの幅が大きくなったようです。なんでだろう?

(デザインラボ 藤原 康孝)

Design LAB Co., Ltd.
723 Room 4C07~08, Supakarn Bldg., Charonnakorn Rd., Klongtonsai, Klongsan, Bangkok 10600 Thailand
Tel : +66-2439-2663~4
Fax : +66-2439-2663~4
Email : info@dlab.co.th (担当:藤原康孝 / Yasutaka Fujihara)
http://www.dlabonline.com/

Leave a Reply